第5回Make a CHANGE Day 「テーマ:ひろがり」参加登録の募集が始まります!

2009年から毎年開催しており、今年は5回を数え、参加登録対象期間も10月から 2014年3月31日まで延長します。この機会に既存の活動を含め、職場や家族、友人、あるいは新たなつながりで、一緒にボランティア活動に参加して、参加登録を済ませましょう。

第5回の参加登録は、現在「電子メール」のみで受付を行っております。以下の募集要項をご確認いただき、申込用紙にご記入の上ご参加登録ください。

第5回の「応募要領 (2013年開催)」はこちらからダウンロードください (PDF:732KB)

« 第5回Make a CHANGE Dayの参加登録詳細についてはこちら »

  • 参加登録について
  • WEBで登録手続きをする
  • FAX/郵送/電子メールでの登録手続きをする
  • 応募要領
  • Myページ
  • 登録活動一覧
  • 第2回(2010年)ホームページ
  • 第1回(2009年)ホームページ

参加団体/活動レポートの詳細


参加者名 特定非営利活動法人 シェイクハンズ 特定非営利活動法人 シェイクハンズ
被災地と交流、メッセージグッズの作成
※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
電話番号 0568-61-0971
E-mail machiizumi@ma.ccnw.ne.jp
ホームページURL http://www.shake-hands.jp
活動名 弱い立場の外国籍の子どもたちを地域で育む寺子屋
活動場所 愛知県 犬山市及び小牧市 楽田ふれあいセンター、シェイクハンズ寺子屋、その他
活動日時 活動日:10月27日(土)
時  間:16時 ~ 21時(5時間)
活動参加人数 50 人
活動の目的 外国にルーツを持つ子ども達が、地域社会で生きていくうえで、学校で学び、日常生活を日本の子どもと同様に送ることができるようにサポートしてゆくことが、多文化共生社会ではとても重要です。
活動内容 日本人向け「国際理解講座」在住外国籍の子ども向け「放課後の居場所づくり」小中高生向け「虹色サロン」幼児向けの学習、発達障害と疑われる子ども達への学習支援など子ども865人をボラ262人で支えています。
活動の結果・感想 1.外国にルーツを持つ子ども達が、心の安定と元気さを取り戻してきており、日本語検定の試験も受けるものが現れ、いい結果を残し始めました。2.外国籍の親御さんたちが、地域の催事の参加する人が出始めてきています。3.永住したい人たちが多いのに、親自身が日本語を学習したい気持ちを持っている人がまだまだ少ないと思います。
アピールしたいこと 外国籍住民の多くは、日本に住みたいという定住化希望の人たちが多いのです。その人達が文化も違う日本で生活することは大変なことです。なおのこと子ども達は大変です。その子ども達が日本の子どもと同じ環境で教育を受け、進学することは大変です。その力に少しでも貢献したい気持ちです。外国にルーツを持つ子ども達は、この寺子屋に来ると生き生きしており、学習意欲も湧いてくる子どもが多いです。発達障害ではないかと思う子どもについて、親が認めないのでその対応には苦労しています。
活動を実施したことでの変化について 活動している間に繋がったことは、地域のコミュニティ組織の力が得られるようになったことです。外国籍住民の多い地域での活動は、自分たち地域の問題でもあるという認識を持ってくれるようになり、そして、組織としての活動(事業計画)に組み入れてくれたことです。ありがたいです。単体では難しいことなので、理解ある団体との連携が欠かせません。

お客様から頂いた個人情報は、当社の個人情報保護方針で定める利用目的の範囲内で使用いたします。
当サイトは個人情報保護のために、128ビットSSL暗号化通信を採用しております。