第5回Make a CHANGE Day 「テーマ:ひろがり」参加登録の募集が始まります!

2009年から毎年開催しており、今年は5回を数え、参加登録対象期間も10月から 2014年3月31日まで延長します。この機会に既存の活動を含め、職場や家族、友人、あるいは新たなつながりで、一緒にボランティア活動に参加して、参加登録を済ませましょう。

第5回の参加登録は、現在「電子メール」のみで受付を行っております。以下の募集要項をご確認いただき、申込用紙にご記入の上ご参加登録ください。

第5回の「応募要領 (2013年開催)」はこちらからダウンロードください (PDF:732KB)

« 第5回Make a CHANGE Dayの参加登録詳細についてはこちら »

  • 参加登録について
  • WEBで登録手続きをする
  • FAX/郵送/電子メールでの登録手続きをする
  • 応募要領
  • Myページ
  • 登録活動一覧
  • 第2回(2010年)ホームページ
  • 第1回(2009年)ホームページ

参加団体/活動レポートの詳細


参加者名 町田市立町田第五小学校 町田市立町田第五小学校
コンビニ店頭で商品を整える
※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
E-mail la_porte@jcom.home.ne.jp
ホームページURL http://www.dhcblog.com/laporte/
活動名 まちごのこころみ2012小さな店員さんただいま活躍中
活動場所 東京都 町田市玉川学園 駅前商店街各店舗
活動日時 活動日:10月19日(金)
時  間:11時 ~ 12時(1時間)
活動参加人数 50 人
活動の目的 まかされるよろこび、信頼にこたえよう「小さな店員さん・ただ今活躍中」~地元のお店を知り、仕事を知り、人を知り、この街をもっと、好きになる~
活動内容 10月19日、22日、23日の三日間、地域の商店20店舗あまりが、学校支援の一環として、三年生児童を営業中の店舗に受け入れ。さまざまな業種の仕事を実体験する機会を提供する。
活動の結果・感想 4回目を迎え、「三年生では小さすぎる」という危惧も、すっかり払拭された。どの児童も真剣そのもので与えられた業務に邁進。実施期間中は、保護者も連れだって買い物をし、喫茶店で我が子の運ぶコーヒーを飲み、また、我が子の詰めたお弁当を食べる。日頃学校と交流を持ちにくい商店主たちにとっても、「営業時間内に地域貢献ができる」と好評である。
アピールしたいこと 隣駅に、都内有数の繁華街を抱え、また、周辺には自動車での来店に主眼を置く大型・安価な商業施設も多数存在する玉川学園では、地元商店会を含め、地域の活性化に頭を悩ませ、さまざまな模索をしている。この活動は、「地域の子どもたちに地元をよりよく知ってもらう」という目的と同時に、営業時間内でありながら、地元小学校に対して「地域貢献ができる」という側面も有している。同時に小学校側は、日頃見ることのできない商店の裏側やさまざまな作業を知り、あるいは、「地域を支えているたくさんの大人たち」を知ることで、「郷土愛教育」を具体化することができた。
活動を実施したことでの変化について 4回目を迎え、参加店舗も広がってきた。今回は、ここは何をしているところだろう、と日頃から子どもたちの「謎」であった「部道具店」にご参加いただくことができた。曲尺、鯨尺といった旧来の道具、漆、蒔絵といった一点ものの製品などを目の当たりにして、児童にも新しい視野が広がり、同時に、学区内の「呉服店」や「建具店」など、これまでとはひと味違った職域の店舗にも、興味、人脈がつながった。

お客様から頂いた個人情報は、当社の個人情報保護方針で定める利用目的の範囲内で使用いたします。
当サイトは個人情報保護のために、128ビットSSL暗号化通信を採用しております。