第5回Make a CHANGE Day 「テーマ:ひろがり」参加登録の募集が始まります!

2009年から毎年開催しており、今年は5回を数え、参加登録対象期間も10月から 2014年3月31日まで延長します。この機会に既存の活動を含め、職場や家族、友人、あるいは新たなつながりで、一緒にボランティア活動に参加して、参加登録を済ませましょう。

第5回の参加登録は、現在「電子メール」のみで受付を行っております。以下の募集要項をご確認いただき、申込用紙にご記入の上ご参加登録ください。

第5回の「応募要領 (2013年開催)」はこちらからダウンロードください (PDF:732KB)

« 第5回Make a CHANGE Dayの参加登録詳細についてはこちら »

  • 参加登録について
  • WEBで登録手続きをする
  • FAX/郵送/電子メールでの登録手続きをする
  • 応募要領
  • Myページ
  • 登録活動一覧
  • 第2回(2010年)ホームページ
  • 第1回(2009年)ホームページ

参加団体/活動レポートの詳細


参加者名 大阪府立大学ボランティアセンターV-station&堺市立上野芝小学校PTA・おやじの会 大阪府立大学ボランティアセンターV-station&堺市立上野芝小学校PTA・おやじの会
イベント参加者の手形による「つながる木」
※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
ホームページURL http://volunteeropu.web.fc2.com/
活動名 土曜スマイル 校庭秋まつり
活動場所 大阪府 堺市西区 堺市立上野芝小学校
活動日時 活動日:10月27日(土)
時  間:13時 ~ 16時(3時間)
活動参加人数 40 人
活動の目的 大学と地域の連携イベントを通し、①小学生保護者の学校参画、特に父親の参画を促進させ、保護者活動の活性化を図る。②多くの子どもたちに、大学生主導の下、非日常の体験、生きた学びを楽しんでもらう。
活動内容 大阪府立大学生と上野芝小学校PTA・おやじの会を中心に、小学生に家庭科、書道、道徳、生活、理科、フランス語、体育、音楽、図工という科目名のもと、通常学習とは一味異なる非日常の生きた学びを経験させる。
活動の結果・感想 当日は約150名の児童、約150名の保護者の参加があり、親子の楽しそうな表情が溢れ、主催者としても充足感や達成感を感じることができた。地域、親子、保護者同士のつながりが深まる活動となった。また、約半年間に渡る準備過程を経て実施された初の連携イベントであったが、主催者側も企画運営のノウハウを得て成長することができたと共に、保護者活動の認知度向上やイベント定期開催の足掛かりにすることができた。
アピールしたいこと 今回、地域の方々と協働してイベントを企画、実施することを通し、大学生にとって座学ではわからなかった地域の現状や、保護者の学校参画が少ない等の課題を知る機会となった。また、保護者の方々の子どもたちや学校に対する熱い思いが、長期に渡る活動を支える原動力となった。大学生は柔軟な発想で、各々の得意分野を生かしながら、生活に基づいた学びを子どもたちに楽しく体験してもらうためのブースを用意し、子どもたちの既存の教科学習概念の枠を広げ、「学び」の面白さを感じてもらえるように努めた。活動を通して、一人ひとりの子どもたちの個性を見ることができたと共に、アンケート結果より、概ね子どもたちは受動的な学びよりも、自己を表現できるような能動的な学びに楽しさを感じていたことがわかった。また、子どもたちが「来年も参加したい」と喜んでいた様子から、子どもたちにとっても魅力あるイベントになったことを確信することができた。
活動を実施したことでの変化について 今回、大阪府立大学(ボランティアセンターV-station)と上野芝小学校(PTA・おやじの会)との協働を通し、両者のつながりができた。両者の協働なしには成立し得ない企画だったことから、一人ひとりの働きがつながりあって一つの「校庭秋祭り」が実施できたと感じている。その結果、学生、保護者、子どもたちの間で交流が行われ、世代を超えた良いコミュニケーションが生まれた。また、今回実施した”生きた学び”の体験企画のノウハウは、他の場所でも展開できる、今後の活動につながるものとなった。大学と地域が連携し、互いの持ち味を生かし合うことで、win-win以上の相乗効果が生じた活動になったと感じている。

お客様から頂いた個人情報は、当社の個人情報保護方針で定める利用目的の範囲内で使用いたします。
当サイトは個人情報保護のために、128ビットSSL暗号化通信を採用しております。