第5回Make a CHANGE Day 「テーマ:ひろがり」参加登録の募集が始まります!

2009年から毎年開催しており、今年は5回を数え、参加登録対象期間も10月から 2014年3月31日まで延長します。この機会に既存の活動を含め、職場や家族、友人、あるいは新たなつながりで、一緒にボランティア活動に参加して、参加登録を済ませましょう。

第5回の参加登録は、現在「電子メール」のみで受付を行っております。以下の募集要項をご確認いただき、申込用紙にご記入の上ご参加登録ください。

第5回の「応募要領 (2013年開催)」はこちらからダウンロードください (PDF:732KB)

« 第5回Make a CHANGE Dayの参加登録詳細についてはこちら »

  • 参加登録について
  • WEBで登録手続きをする
  • FAX/郵送/電子メールでの登録手続きをする
  • 応募要領
  • Myページ
  • 登録活動一覧
  • 第2回(2010年)ホームページ
  • 第1回(2009年)ホームページ

参加団体/活動レポートの詳細


参加者名 名古屋大学相撲部、豊田通商相撲部、近藤産興、大須商店街 名古屋大学相撲部、豊田通商相撲部、近藤産興、大須商店街
素人相撲大会 参加者 集合写真
※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
E-mail atsuko_gamo@toyota-tsusho.com
ホームページURL --------
活動名 どすこい大須観音素人相撲大会2012
活動場所 愛知県 名古屋市中区 大須観音境内
活動日時 活動日:10月6日(土)
時  間:12時 ~ 15時(3時間)
活動参加人数 30 人
活動の目的 ①地域貢献・文化継承::大須観音境内にて大会を実施し、相撲文化継承
②東日本大震災 被災者交流:震災避難者約600世帯への参加呼掛
③東日本大震災 被災地支援:被災地域の物産を販売し、被災地貢献
活動内容 ①約400年の歴史を大須観音境内にて、地域貢献を目的とした『素人相撲大会企画・開催』
②『東日本大震災 被災地支援を目的とした『被災地域の物産販売・募金活動』
活動の結果・感想 『相撲が持つ魅力』
直径4.55mの円の中で、マワシのみを付け、力勝負をする戦いは単純なようで奥が深いものがあります。今回、大会を実施し、外国人4名を含む、30名もの参加者・500名を超える見学者に来て頂き、日本人が持つ相撲文化への思いを感じることが出来ました。参加者の方からも「見るのとやるのでは全く違う。面白い!」とコメントを頂き、今後とも継続的に大会を開催していこうと考えております。
アピールしたいこと 今回の活動を通じて、日本人の相撲に対する潜在的な興味を発見しました。土俵設営中に通りすがりの観光客に声を掛けられ、相撲大会応援しているぞ!と声を掛けられたり、急遽当日に参加者を募ると10名以上も参加してくれたりと「相撲」というたった2文字で日本人としての奥底に眠る文化を肌感じ取ることができました。
また、初めは恥ずかしがっていた参加者の皆さんは、いつもはテレビで観ている相撲も実際にまわしを廻し、土俵上で取り組むことによって、顔が真剣そのものになり、目の前の相手に全力でぶつかっていく姿には、周りの観客も大きな声援を出せずにはいられない雰囲気が生まれました。
まさに、「相撲」という日本国技に対する日本人の熱い心を発見した瞬間でした。
活動を実施したことでの変化について 今大会を行なう上で、様々な方の協力を得る必要がありました。大須観音管理者の方、大須観音商店街殿、近藤産興殿、名古屋大学 相撲部殿。各団体、会社ともに「相撲」大会開催に対し、甚大なる協力を頂き、参加者30名、観客数500名と大盛況に終わり、この「相撲」を通して、各団体が一つに「つながる」喜びを得ることが出来ました。この成功をまた来年へとつなげていきたいと考えております。

お客様から頂いた個人情報は、当社の個人情報保護方針で定める利用目的の範囲内で使用いたします。
当サイトは個人情報保護のために、128ビットSSL暗号化通信を採用しております。